羊毛針のチープホルダーの作り方 

 

2009/4/26 公開


羊毛の一本針は細くて扱いづらいので
太目の持ち手をつけようと思い
家にあったもので作ってみました。



             

               針のまま使うよりも、力が入れやすいので、とっても使いやすいです。
                    反面!力が入りやすいので、折れる可能性も増えるかも・・・

 

            ※私は使いやすくなり、折れることは滅多にありません

        こちらを作ってお使いになる際は、くれぐれも自己責任の上でお願いします!        
            万が一、事故が起きた場合でも責任は負えませんのであしからず・・・


:::::: 材料 ::::::


  ・羊毛針
  ・割り箸(できれば角が丸くなっているもの)
  ・彫刻刀(三角当刀が彫りやすいと思います)
  ・セロハンテープ
  ・マスキングテープ(なくても可)

  ・のこぎり(カッター)・・・割り箸を半分に切る為


1. 割り箸を半分に切る。
   
   長くても良い方はそのままでもOKです。


2. 使っている最中に
   針がぐらつかない様にする為
   緑の線部分と青の点線部分を
   針がはまるぐらいの深さまで
   彫刻刀で溝を彫ります。


   ※手を切らないように気をつけてください!


3. 彫った部分に羊毛針をはめて
   赤部分をセロハンテープで巻く。


4. 溝に針がはまっているため
   グラつきづらくなっているはずです。


5. 補強の為、マスキングテープで巻いていく

   セロハンテープでも大丈夫です。


6. 全部巻いたら完成!

   マスキングテープを巻いた場合、
   色落ち防止に、この上に
   セロハンテープを巻くといいです。


針の太さ別に、マスキングテープの色を
変えるとわかりやすいです。

マスキングテープの代わりに
布テープを巻くと、滑り止めになって
さらに使いやすいかも。
セロハンテープを巻かなくてもいいし

色移りの心配もありません


最近はIGの更新がメインです☆彡